自治体や企業から指名される法人向け移動ソリューション

危機管理・安否確認システム HAZARD Buster

サービス概要

グローバリゼーションが進む中、生き残りをかけ企業の海外進出が加速しています。

また昨今の不安定な世界情勢において突発的に起こる災害やテロ等どこにいても確実に安全とは言い切れないご時勢となっています。

企業側の責務として有事の際の危機管理、出張者・現地駐在員への迅速な安否確認が求められており今後さらに十分な対策が課題になってきます。

日本企業の進出がもっとも多い中国では、未だにネットへの規制がかかっており、そのような中でどのように危機管理や安否確認が行えるのか等、各企業が求めている危機管理・安否確認方法をHAZARD Buster(ハザードバスター)の概要と共にお伝えします。

こんなお困りごとを解決します

  • 事件・事故発生時に、出張者が現場周辺にいないか、確認したい。
  • 出張予定が変更になっても、出張者の所在を確認し、連絡したい。
  • 特定の場所(事件発生現場周辺 等)にいる社員だけに情報を流したい。
  • 連絡手段確保や管理の手間を減らしたい。

特徴

1リアルタイムに位置情報の取得ができる

 

2インターネット制限の多い中国でも利用が可能

 

3組織の管理が簡単・シンプルで、手間がかからない

 

4多言語に対応(日本語、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語)

 

5導入や運用が簡単

操作画面

主な機能

標準機能

従業員情報確認
状況報告送信機能
  • 管理者はWEBか従業員の健康状態や簡易報告など確認し、一覧表として把握が可能。
  • 従業員はスマホから体調や安否報告などの状況を送信し管理者へ通知ができる。
掲示板機能
  • 管理者は新型コロナウィルスの状況や全社指示注意情報など従業員へのアナウンスが可能。
安否確認機能
  • 管理者から従業員に対し一斉に安否確認依頼通知を行うことができる。
  • 送信数に対し管理者は返信の有無をWebで確認でき再通知が可能となる。
グループ設定機能
  • 部署ごとや組織のグルーピング、操作権限の付与ができる。

拡張機能

位置情報確認機能
  • 管理者は地図上で従業員の位置情報や履歴を確認できる。 ※GPS機能をONにして地図サービス利用時
スポット設定機能
  • スポット(特定の場所)とそこからの通知範囲を設定し、範囲内にいる従業員(対象者)への注意喚起ができる。
チャット機能
  • 従業員同士で簡易メッセージ連絡ができる。

推奨環境

スマートフォン:iOS 12以上、Android 5.0以上

PCブラウザ:Chrome(最新バージョン)

価格

PC管理者用ID

全社員様導入 上限価格の設定等応相談

1ID~ 15,000円/月

アプリID

1ID~ ~950円/月
500ID~ ~800円/月
1,000ID~ 600円/月

ご契約期間

年間契約

お試し利用

お試し利用はこちらから

動画によるご案内

サービス一覧

PAGETOP